1. サイトサポート・インスティテュートホーム>
  2. コンプライアンス

SSIコンプライアンス・ポリシー

当社は経営理念として「医薬品の開発や調査がより促進されるよう、医療機関が実施する臨床試験などをサポートし、ひとびとにより良い医療が提供されることに貢献し、もって日本のライフサイエンスの発展に寄与する」ことを掲げておりますが、この経営理念を現実のものとし、また、企業としての社会的責任を果たし、企業価値を一層高めるため、コンプライアンスの規範として以下に役員・従業員の行動基準を定めるものとします。

1.生命の尊厳
治験支援業務を含む臨床研究に関連する業務を行なう際には、治験の科学性、倫理性、客観性の確保に最善を尽くし、また被験者の人権・安全・福祉の保全に最大の配慮を払う。
2.各種法令の遵守
治験支援業務、営業活動などを行なうにあたっては、厚生省令第28号「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP)を始めとする各法省令・規則などを遵守しなければならない。
3.独占禁止法および関連諸法の遵守
私的独占、不当な取引制限(カルテル)、不公正な取引方法を行なわない。
4.不正競争の禁止
営業秘密・情報などの不正取得・使用、他社従業員の不当な引き抜きなど、不正競争行為は行なわない。
5.贈賄の禁止および贈答・接待など
国政府・地方公共団体、独立行政法人化された国公立病院、療養所などの職員に対する贈賄や不正な利益の供与・申し出・約束をしない。
また、取引先に対する贈答・接待などは社会通念上妥当な範囲を超えて行なわない。
6.利益相反行為などの禁止
誠実に当社の業務を遂行し、当社の利益に反する行為を行なわない。
7.情報の適切な管理
  • インサイダー取引規制、自社株式の売買に関する社内規程を遵守する。
  • 治験支援業務を行なうに際し取得した被験者情報、第三者より開示を受けた機密情報、その他業務上で知り得た
    営業機密、並びに個人情報については、その保護・秘密保持に最大限の注意を払い流失・漏洩の防止に努める。
  • 当社の機密情報管理には、細心の注意を払い、情報システムを不正に使用したり、害したりしてはならない。
    また、情報セキュリティ基本方針に則り、情報資産を適正に管理・保護する。
8.雇用関係
労働基準法など雇用関係法令を遵守し、働きやすい労働環境を整備する。
人権を尊重し、差別・セクシャルハラスメント・パワーハラスメントなどを行なわない。
9.反社会的勢力への利益供与の禁止
反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断する。
株主の権利行使に関しての利益供与を禁止する。
10.環境保全
良き企業市民としての責任を自覚し、人間社会の繁栄との調和を図りながら、健全なる地球環境の保全へ向けて最善を尽くす。
11.適正な経理処理・税務申告と適正な会社情報の開示
経理処理・税務申告を適正に行なわなければならない。また、重要な会社情報は、適正に開示しなければならない。

発行日:2006年11月15日

このページのTOPへ