SSIはCRC(治験コーディネーター)による質の高い治験支援を提供するSMOのリーディングカンパニーです。

WHAT WE
BELIEVE
私たちの信じるもの

03

VALUE PEOPLE CRC AM

近畿オフィス

責任の重さと使命感を持って
治験業務のサポートに努める。

専門性の追求と対人能力が求められる仕事

 大学院で学んでいた頃、いずれは研究職に就くものだと漠然と思っていました。しかし、自分の可能性はそれだけだろうかと考えたとき、研究で培った知見とともに、取り柄であるコミュニケーション能力をもっと活かせる仕事があるのでは、と気づきました。そして、たどり着いたのがSSIでのCRCという仕事でした。この仕事では、治験実施計画書の内容を正確に理解しなければならず、さらに薬理や薬物動態、統計解析といった専門知識が求められます。私は医学や薬学分野の出身ではないものの、大学院で培った知識や経験が大いに役立っており、まさに天職だと感じています。
 CRCは、医療機関に出向いて治験の実施をサポートします。それだけに、治験の円滑な進行を支えるという自覚のもと、医療機関の信用を得ることが大事です。特に医師や看護師、薬剤師の方々とのコミュニケーションは重要であり、当然のことながら、初めて担当する疾病については事前に十分に情報を得て、それぞれの立場との専門的な会話ができるように心がけています。

治験のサポートを通じて創薬への貢献を実感

 業務に就いて3年ほどは、主に生活習慣病の治療薬に関する治験を担当してきました。現在は、主に自己免疫疾患に関わる生物学的製剤の治験をサポートしています。この分野は比較的新しい領域であるとともに、治験の実施においてより高い専門性が求められます。ごくまれではあるものの、重篤な副作用が生じる可能性があることから、CRCとして万全の態勢で治験に臨むことが必要です。
 実際、夜間に被験者である患者さんから体調の急変を知らせる連絡をいただき、緊急の対応を行ったことがあります。CRCとしてハードルの高い業務ではありますが、新たな生物学的製剤を世の中に送り出すことができれば、それまで治療法のなかった疾病を抱える患者さんのQOL(Quality of Life)を改善できることとなります。それだけに責任の重さと使命感をもって、治験業務のサポートに尽力しています。
 ある患者さんとそのご家族から「治験に参加して本当によかった」というお言葉をいただいたときは、この仕事を選んだことに大きなやりがいを感じました。また、6年間でおよそ20件の治験に関わり、CRCの立場として創薬に貢献したとともに、自分にとってかけがえのない経験となっています。

医療機関から信頼されるCRCの育成に役立ちたい

 SSIで仕事に従事する魅力といえば、多岐にわたる領域を数多く経験できることに加えて、全国で事業を展開していることから同じ疾患の治験を担当しているCRCと情報を交換できる点です。初めて担当する領域では戸惑うことが多いものですが、気軽に相談できる同僚がいることはとても心強いです。
 今後の私の挑戦は、CRCとしてさらなる経験を積むことですが、それとともに、新人CRCの育成もまた大切な使命だと考えています。これまでに感じてきたCRCという仕事の魅力を伝えつつ、後輩を一人でも多く治験業務で貢献できる人材に育てていきたいのです。
 また、会社の発展のためには、CRCが長期にわたって仕事にじっくり取り組める環境が欠かせません。当社では福利厚生のさまざまな制度がそろっています。これらを有効に活用しつつ、仕事と出産、育児を両立しながら、末永く活躍する女性のモデルケースとなれるようにがんばっていきたいと思います。