SSIはCRC(治験コーディネーター)による質の高い治験支援を提供するSMOのリーディングカンパニーです。

WHAT WE
BELIEVE
私たちの信じるもの

06 VALUEPEOPLE 大阪オフィス CRC アシスタントマネージャー 06 VALUEPEOPLE 大阪オフィス CRC アシスタントマネージャー

06

VALUE PEOPLE
大阪オフィスCRC

アシスタントマネージャー

大阪オフィス

患者さんの身近なところで
新薬の開発に貢献できる
素晴らしい仕事。

治験に取り組む先生の役に立つことを追求

 私は、学生の頃から医薬品業界への道を志望していました。最初は医薬品業界で医薬品開発といえば研究職というイメージしかありませんでしたが、学部生の頃に数人の同級生が就職先として臨床開発モニター(CRA)を選んでいて、その時はじめて医薬品開発に携わる職業は研究職だけではないということを知ったのです。その後大学院の医学研究科へ進んだ私は、病院で実習する医学部生や医局内で研究する学生と触れ合う機会が多くなり、そうした周囲の影響もあって将来は臨床の現場に近い仕事、人と触れ合う仕事をしたいと思うようになりました。さらに調べていくうちに治験コーディネーター(CRC)という職業が、医薬品開発の中で、距離的にもっとも患者さんに近い仕事であることを知り、SSIへの入社を決めました。
 現在は、京都市内のクリニックで、神経内科の治験のサポートをしています。私は医療機関から見ればSMOという外部組織の人間ですが、先生をはじめ医療機関の皆さんからはスタッフの一員のように温かく迎えいれてもらっています。先生は治験にとても熱心な方で、「新しい薬を早く患者さんに届けたい」という想いを強く持っていらっしゃいます。私も同じ想いをもち、医薬品の開発に貢献できるよう、医療機関の支援に努めています。またどんな仕事も同様だとは思いますが、治験業務においても一人の力だけでは治験の過程で生じるさまざまな状況に対応することはできません。チームで取り組むことが大切であり、SSIの社員同士はもちろんのこと、治験に携わるさまざまな立場の人がチームワークを最大限発揮できるよう、常に医療機関の皆さんとの密なコミュニケーションを心がけています。

06 VALUEPEOPLE 大阪オフィス CRC アシスタントマネージャー

患者さんや先生方のひと言が仕事のモチベーション

 CRCの醍醐味は、患者さんと直接対話ができることです。私が望んでいたことであり、今でもCRCとして働く上で大きなモチベーションになっています。さらに治験のサポートを通じて患者さんの症状の改善を目の当たりにできた際には、大きなやりがいを感じます。患者さんからの「ありがとう」や「症状が軽くなった気がする」といった言葉は何よりもうれしいものです。
 また先生から「CRCさんのおかげで日本の新薬開発はうまく回っていると思うよ、CRCとしてこれからもがんばって」とおっしゃっていただいたことがありました。私たちの仕事を評価してくださっていると実感し、本当にうれしく思いました。医療の現場では患者さんの治療に医師や看護師、薬剤師の方々が日々尽力されています。私も医療の向上に貢献するCRCの一人として、取り組んでいきたいと思っています。
 SSIが誇れるのは、これまでの治験実施経験の豊富さです。これまでに積み重ねてきた実績をもとに、最前の方法を全国に展開したり、過去の事例を共有してインシデント防止に努めたりすることで、会社全体で業務の質の向上を図っています。また同様の試験支援経験をもつCRCから直接アドバイスを聞くこともできます。私たちは仕事や研修を通じて情報共有することで、治験の実施を的確にサポートできるとともに、自身の学びの機会となっています。
 さらに、社内における人間関係の良さもSSIの魅力です。上司や社員同士でどんなことでも気兼ねなく話し合える点が良いと感じています。私は、近年増加している希少疾患等の難しい領域に携わったり、多くの関係者とコミュニケーションが必要となる大規模病院を担当したりする等、新しい業務に挑戦し自分の可能性をさらに広げていきたいと考えているのですが、こうした希望についても、上司と率直に話ができ、いつも前向きな気持ちで仕事に取り組めています。

06 VALUEPEOPLE 大阪オフィス CRC アシスタントマネージャー

専門知識をさらに学び、新薬開発への貢献を目指す

 今後は、疾病や医薬品、薬機法などCRCの仕事に関係する専門知識をさらに学び、スキルアップを図っていきたいと考えています。社内では疾患勉強会など学ぶ機会が数多く用意されているため、時間をうまく作り積極的に参加するように努めています。また、SMOの分野で導入が進むITについて知識を深めることも欠かせません。
 現在、治験データの品質管理に関わるSDM(Site Data Management)について勉強しているところです。学んだポイントをCRC業務に活かしていきたいと思っています。さらにCRCはデータ入力だけではなく、さまざまな資料や書類を作成しなければなりません。相手に伝わる説明資料を作るためには、医療知識だけではなくビジネススキルも必要です。今年は毎年開かれる学会「CRCと臨床試験のあり方を考える会議」で”神経内科クリニックにおける治験促進の取り組みについて“のポスター発表を行ったのですが、これも大変良い経験となりました。支えてくれた上長や先輩、同僚にも感謝しています。また自分自身も努力してこれからも成長していきたいと考えています。
 医療の中でSMO業界が果たす役割はますます重要なものとなっています。私はCRCとしてのキャリアを追求しつつ、患者さんのQOL(Quality of Life)の改善に役立つ新たな薬の創出に貢献していきます。言葉にするとありきたりな表現になってしまうかもしれませんが、日々患者さんと触れ合っていると、やはり良い薬があったらいいな、この薬が早く販売されるといいなという想いが生まれてきます。これこそが私のCRCとしてのモチベーションの根本であり、患者さんの近くで仕事をしている者の切なる願いです。そして、一人でも多くの方にCRCという仕事の大切さ、魅力を知ってほしいと思っています。

06 VALUEPEOPLE 大阪オフィス CRC アシスタントマネージャー