SSIはCRC(治験コーディネーター)による質の高い治験支援を提供するSMOのリーディングカンパニーです。

WHAT WE
BELIEVE
私たちの信じるもの

07 VALUEPEOPLE 静岡オフィス CRC 07 VALUEPEOPLE 静岡オフィス CRC

07

VALUE PEOPLE
静岡オフィスCRC

静岡オフィス

CRCにとってなによりも大切な条件。
それは「誠実さ」を貫く、自分を律する気持ち。

自分を律する気持ちでは誰にも負けない

 私たちCRCの使命、それは新薬開発に貢献すること。その大きな目標を常に意識してデータ収集等の業務に取り組むCRCには、どんな小さなことにも手を抜かないマインドが必要不可欠です。
 また「誠実さ」もCRCには重要な要素。「患者さん」として画一的に接するのではなく、患者さん一人ひとりに向き合い、徹底的に寄り添う。それが私の仕事に対するこだわりです。しかし同時に患者さんや医療機関の方々に対して、単に仲良くなるのではなく、SSIを代表してサービスを提供する立場にあることを常に忘れずに「誠実さ」を貫くことが大切だと考えています。
 判断の基軸は絶対にぶれない。そういった意味で、私は自分を律する気持ちは誰にも負けないと思っています。

07 VALUEPEOPLE 静岡オフィス CRC

難しい仕事だからこそ面白い

 比較的お年寄りの多い地域に育った私は、中学生の頃から「将来は地元に戻って、故郷の人々の健康に貢献したい」という気持ちがありました。その想いが膨らみ、地域密着型の薬剤師を目指して6年制の薬学部へ進学したのですが、大学でSMO業界を知り、CRCへの路線変更を決めました。それは、患者さんとじかに接して、ある一定の期間サポートしていくという業務内容が、私が志していた姿に一番近いと感じたからです。嬉しいことにCRCとなったいま、治験が終わっても、通院で医療機関を訪れた患者さんたちが私に会いに来てくれるのです。そんなとき、最初に薬剤師として目指していた、自分のありたい姿に近づいているなと感じています。
 現在は、CRCとして4年目。公立病院やクリニックなどを支援しており、内科や眼科、リハビリテーションなど担当する診療科も複数に及びます。被験者となる患者さんは疾病によって環境やタイプも異なり、CRCとして意識すべき点も接し方も少しずつ違ってくるのですが、そこがこの仕事の難しさでもあり面白さであるとも感じています。
 担当している治験が問題なく終わったときは、先生と喜びを分かち合うこともあるのですが、その瞬間もまた大きな達成感を得られるときです。いまはCRCという仕事に夢中で、仕事が楽しいと感じています。

07 VALUEPEOPLE 静岡オフィス CRC

自分が働くのはSSIしかないと直感した

 「被験者である患者さんのことを最優先に考える」。CRCとして第一歩を踏み出した頃、先輩から最初に教わったことです。それを常に意識して、日々業務に取り組み、充実した日々を送っているわけですが、ときには失敗したり落ち込んだりしたりすることもあります。そんなとき上長や仲間に励まされ、頭をリセットして「明日から頑張ろう」と前向きになれるのです。周囲の人間関係には、本当に恵まれていると感じています。
 実は会社説明会に参加した段階から、「働くのはSSIしかない」と思っていました。おそらく医療機関スタッフや製薬企業関係者、患者さんとさまざまな人と日頃からコミュニケーションを取っている業務柄、社員に柔らかい雰囲気があるからなのだと思います。現場が本当に好きなので、CRCであり続けたい気持ちもありますが、一方で将来的には、例えば試験全体を取りまとめるプロジェクトマネジメント部の立場になって、CRC以外のスキル・知識を高めながら会社に貢献したいという想いもあります。
 今後は自分に制約を設けることなく、CRCとしても会社員としても日々成長していきたい。そして社員の想いを一つにして、同じ方向に向かって前進していくような仕事に、このSSIで取り組んでみたいと考えています。

07 VALUEPEOPLE 静岡オフィス CRC