SSIはCRC(治験コーディネーター)による質の高い治験支援を提供するSMOのリーディングカンパニーです。

WHAT WE
BELIEVE
私たちの信じるもの

08 VALUEPEOPLE 熊本オフィス SMA 08 VALUEPEOPLE 熊本オフィス SMA

08

VALUE PEOPLE
熊本オフィスSMA

熊本オフィス

CRCでもSMAでも、強い責任感で
医療機関の期待に応えたい。

CRCの経験を生かして新しい挑戦を

 私は以前看護師をしていましたが、新しい道への挑戦を決意し、2011年にCRCとしてSSIに入社しました。人と接する仕事の上に、新薬開発に携わることができるという業務内容にとても興味をもったからです。最初は事務作業やデータを集める際の注意点等、看護師のときはなかった業務に難しさを感じたこともありましたが、やっていくうちにそういったCRCの業務内容がむしろ自分に向いていると思うようになりました。そして支援先の医療機関との信頼関係を構築していくことや、早期に症例組み入れを達成したとき、また治験に参加した患者さんからお礼の言葉をいただいたときには、本当にやりがいを感じました。CRCとして組織内ではアシスタントマネージャーも任されるまでに至りました。
 現在はSMA(治験事務局担当者)の業務に携わっています。このSMAとは、治験を進める上での事務的業務をサポートするのが主な仕事です。治験を実施する医療機関の新規開拓など営業的な仕事にも携わり、CRCとして積んできた経験を生かしつつ、新しい挑戦を続けています。

08 VALUEPEOPLE 熊本オフィス SMA

少しずつ信頼の絆を築いて

 CRCとしての仕事を振り返ってみると、数多くの思い出があります。なかでも印象に残っているのは入社2年目に初めてメイン担当者として携わった案件です。試行錯誤しながらも、一から医療機関との信頼関係を築きあげることができ、自分の成長に大きく繋がりました。信頼の絆を築くには簡単な方法などなく、一つひとつの業務を確実にこなすことが重要だと思っています。そう信じて取り組んだ結果、試験は無事に終了することができました。また症例は早期に組み入れることができ、さらに症例追加をするなど医療機関だけでなく製薬企業からも高い評価をいただくことができました。その実績を受けて、別の診療科へも支援を広げることができ、現在では熊本オフィス、さらにはSSIにとって重要な医療機関の一つとなっています。
 今はSMAとしてその医療機関に関わっているのですが、先日訪問したときには、「また治験が一緒にできますね。よろしく」と声をかけていただきました。当時特に心掛けたのは「名前を覚える」こと。普段お話しするスタッフはもちろん、治験に関わりのない医療機関のスタッフの方々もまずは名前で呼び、そして自分のことも覚えてもらうよう努力した日々が実っていることを実感しました。

08 VALUEPEOPLE 熊本オフィス SMA

CRCもSMAも、一人ひとりが抱く強い責任感

 SSIは風通しが良く、とても働きやすい職場だと感じています。皆でお互いに仕事をフォローし、上司も親身になってサポートしてくれるなど、制度面以外でも女性が長く働ける環境が整っています。
 またSSIの特徴の一つとして、個々の責任感の強さも挙げられます。担当する治験や支援先の医療機関に対して、CRCもSMAも一人ひとりが強い責任感をもちつつ、急な対応にも助け合いながらオフィス一丸となって取り組んでいます。
 SMAとして、私はまだこれからです。CRCとしてそうだったように、今後たくさんの経験を積んで、1日でも早く一人前になりたいと思っています。CRCのときは、患者さんの痛みを緩和したお薬が実際に世の中に出たとき、その薬に関われたことにやりがいを感じていました。SMAになった今は、私の提案が通って、これから試験が実施に繋がっていくのだという未来を感じたとき、とても胸が高鳴ります。現在子育ての真っ最中ですが、仕事にも全力で取り組み、将来的にはSMAとCRCどちらの業務も対応できる存在として、医療機関を支援し続けたいと考えています。

08 VALUEPEOPLE 熊本オフィス SMA