SSIはCRC(治験コーディネーター)による質の高い治験支援を提供するSMOのリーディングカンパニーです。

WHAT WE
BELIEVE
私たちの信じるもの

11 VALUEPEOPLE プロジェクトマネジメント部 マネージャー 11 VALUEPEOPLE プロジェクトマネジメント部 マネージャー

11

VALUE PEOPLE
プロジェクトマネジメント部

マネージャー

プロジェクトマネジメント部

大規模な治験プロジェクトを管理して
クライアントの満足度を最大限に高める。

全国規模の大型治験を成功へ導くために

 私が所属するプロジェクトマネジメント部は、症例数や治験実施医療機関数が多い大規模試験や、SSIが全例を受託した試験において、プロジェクト全体をマネジメントする部署です。大規模試験は広範囲の地域で実施するため、各拠点の担当者との密な連携が不可欠です。それらを統括する一方で、SSIを代表する窓口として、クライアントに対してきめ細かな対応を行っています。
 業務としてはまず、期間内に試験を成功へ導くため、試験開始前の準備段階から終了後までのプランニングを行います。そしてプロジェクト進捗管理、クライアントとの会議資料の取りまとめ、報告、すべてのプロセスに責任をもって担当しています。大規模な治験だけに開始前に立案しているエンロールメントプランどおりに進まない場合もありますが、イレギュラー時にもリカバリープランを策定し、発動のタイミングを見計らって当初の計画に沿って試験を遂行できるようマネジメントしていくのがこの部署の醍醐味でもあります。私は現在の部署に異動する前、約8年間SMA業務に携わっていました。大型プロジェクトのマネジメント業務は、各拠点との連携なくして成し遂げられませんが、SMAで得た現場経験が今の仕事に大きく役立っています。

11 VALUEPEOPLE プロジェクトマネジメント部 マネージャー

責任は重大だがやりがいも大きい

 SSIに入社する前は、製薬会社でMRをしていました。転職を決めた理由は、医療機関を支援して新薬の開発に携わるSMOという存在に興味をもったこと。MRでは医療機関の先生のサポート対応も多く、色々な先生にお世話になりました。そのため、先生方へ治験を紹介するSMAの業務に親しみを感じたのです。
 また入社する前に、面接を担当した社員以外の一般社員と話す機会があり、そこでの雰囲気が温かかったことも入社を決めた要因です。入社してからはSMAとして経験を積み、マネージャーになりました。プロジェクトマネジメント部に異動が決まったときは、内心あまり自信がなかったのですが、SMA時代の先生との折衝能力やコミュニケーション力を評価されたのだと信じ、今は真摯に取り組んでいます。
 業務においては、SMAやCRCにも同じことが言えますが、プロジェクトの窓口担当である私自身の発言がSSIの見解として判断されるという認識を常にもち、発言や対応を心掛けています。責任重大なポジションですが、その分やりがいも大きくなります。治験はGCPに則って行われ、法令を遵守し、患者さんの安全を第一に考える点で、行う側の倫理観がとても重要となります。SSIが提供するサービスの価値は私たち一人ひとりの意識にかかっていることを念頭に業務に向き合いつつ、自分が治験で関わった新薬が上市される日が来るのを楽しみにしています。

11 VALUEPEOPLE プロジェクトマネジメント部 マネージャー

チーム一丸となってやり遂げる大規模プロジェクト

 大規模な治験プロジェクトでは、チームが一つになって進んでいくことがなにより大切です。各拠点のSMAやCRCだけではなく、品質管理部門や営業担当者等のSSIスタッフも含め、製薬メーカーやCROの担当者、医療機関の先生やスタッフの皆さんが、かけがえのないチームの一員であると感じています。業務を遂行しているときは無我夢中ですが、チーム一丸となって試験を無事に終えられたときは大きな喜びを感じます。現場のメンバーがいなければ達成できないことなので、感謝しているのは私の方なのですが、現場のメンバーからは「一緒にやって良かった。次もがんばろう」と言ってもらうことが多々あります。それが励みになるとともに、クライアントからいただいた感謝の言葉が、自身のさらなるやりがいに繋がっています。
 プロジェクトマネジメント部は豊富な経験と知識が要求される部署。まだ学ぶことも多くありますが、このような部署での仕事を任された、その期待に応えたいという強い思いがあります。クライアントの満足度を高め、次もSSIを指名していただけるようにプロジェクトに取り組んでいきたいと考えています。

11 VALUEPEOPLE プロジェクトマネジメント部 マネージャー